企業与信や防災管理の基礎知識~ALLFOR安全~

身の安全を守る

その防災グッズで供えは十分ですか

巨大地震の怖さを知った人々は、防災グッズくらいは持って置かないとと思ってそろえている人も多いでしょう。防災グッズとして売られている商品は、防災袋にいろいろなものが詰め込まれてセットになっているものもあれば、バラバラに購入できる防災グッズもあり、どれがいいのか迷うこともあります。 最低限必要な物が入っているものを購入し、あとは自分でそろえるという方法でもいいでしょう。 防災グッズには、自分の身を守るためのものがいろいろ入っています。しかし、家族の人数分ないこともあるので、人数分あるかどうかもチェックしましょう。また、数がもう少し必要と思われるものは買い足します。食料品などは自分でそろえた方がいいかもしれません。

身分証や通帳、処方箋のコピー、防災マップなども入れよう

防災グッズのほかに、入れておいた方がいいものが、身分証のコピーや通帳のコピーです。いざというときに、免許証、保険証のコピーがあると助かることがあります。 また、持病がある人は必ず予備の薬数日分と処方箋のコピーを入れておきましょう。避難所で数日過ごすことになるかもしれません。そこに医師がいるとは限りません。 また通帳のコピーもとっておきましょう。震災時には盗難も発生することがあります。現金は持ち歩くなら最低限のものにしておきます。キャッシュカートなどは持ち歩かない方がよいでしょう。 その他、簡易トイレやビニール袋などは、多めに用意しておいたほうが良さそうです。夏場でも夜は冷えるので、寒さ対策のためにカイロ、アルミシートなども用意しておきましょう。